MINILOG+

昔の街並みや建物が並ぶ江戸東京たてもの園にいってきました

2019-11-10 (Update: 2019-12-05)

武蔵小金井にある「江戸東京たてもの園」に行ってきました。どこを撮っても画になるので撮影してて楽しかったです。

江戸東京たてもの園

今回の撮影はSONY α7 IIIとキットレンズで行っています。

園内に復元された歴史的建造物が30ほどあります。

実際に走ってた都電。夕方になるとライトや車内も点灯します。

実際に乗ることもできて楽しいです。

お店を再現した建物ではレトロなオブジェクトがたくさんあります。

何を撮っても味がある。

昭和初期の長屋。

長屋の玄関から見える風景。

そしてこちらは文具店。

井戸のポンプ。

ちゃんと使えてレバーを下げると水が出せます。

空き地には土管もありました。現代ではなかなか見れない光景。

土管からのぞく風景ってなんかいいですよね。

そして醤油店。

店内の壁には時代を感じる広告ポスターもいくつか貼られてました。

レトロなキャッシュレジスター。

銭湯もあります。「子宝湯」。

中に入ることができて、浴槽にも入ることができます。

脱衣所の上部には広告がずらり。こういった手書き広告好きです。

鍵屋という名の居酒屋らしいです。

こちらは仕立て屋さん。

万世橋交番。

差し込む光と影が良い感じ。

天井が編み込み?になっててオシャレでした。

こちらはシャンデリアを下から。

民家エリアの方ではスタッフの方が実際にかまどを使われていていました。

囲炉裏もあって、こちらもスタッフの方が実際に使用しているのを見学できました。

こういう構図好きです。

これも。

外では紅葉がはじまってました。

この時期、どんぐりもたくさん落ちてます。

民家エリアの方は東京なのに地方に来た感じがあって、すごく時間がゆったりしていました。

一日居たけどまだ見れていない建物もあるので、また来たいと思います。

関連記事