MINILOG+

SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G 買いました

2019-12-07 (Update: 2020-04-26)

すごく悩みました。このレンズとTAMRON「28-75mm F/2.8 Di III RXD」とで。
どちらも評判の良いレンズでむしろTAMRONの方が評価されている感じもあり、TAMRONの方がF2.8で明るいし、値段も半分近く安いし、そりゃ評価されるよね、よしTAMRON買いだ。買うぞ。って思ってたんですが、買ったのはSONYの「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」でした。

やっぱりもう少しズームしたいし広角で撮りたい

このレンズを買う決め手となったのは、1本のレンズでもう少しズームしたいし、もう少し広角で撮りたいと思ったことです。
手持ちのキットレンズ28-70mmと、単焦点28mmのSEL28F20で撮っててそう思う場面がいくつかあり、この24-105mmなら満たせせそうだなと思いました。

TAMRONの方だと、明るくボケも期待できるけど、28-75mmという焦点距離はキットレンズと変わらないので、不満が残ってしまうのかなと。
単焦点28mm F2のレンズも持ってることだし、明るさが必要なときはこれで対応できる。F2.8とF4は1段しか明るさ変わらないし(その1段の差は大きいですが)と考えた結果です。

あと手ブレ補正もレンズに付いていること。さすが純正って感じです。

でかくズッシリとしたレンズ

箱から出してみてまず思ったのが”けっこう重い”っていう感想でした。
キットレンズSEL2870が約295g、SEL28F20が約200g、そしてこのレンズが約663g。
キットレンズの約2倍、SEL28F20の約3倍の重さ。
α7III本体約650gとこのレンズを合わせると約1.3kg。

いままで比較的軽いレンズしか持っていなかったため、この重さに慣れるのに少し時間がかかりそうです。

キットレンズとの大きさ比較はこんな感じです。
フォーカスホールドボタンや、AF/MF切り替えスイッチ、手ブレ補正ON/OFFスイッチが付いてて手元で操作できるのも、キットレンズ使ってた頃から考えると嬉しいです。

ソフトケースも付いてました。

作例

24mm f/8.0 SS 640 ISO100
105mm f/4.5 SS 160 ISO100
24mm f/4.0 SS 1/30 ISO100
24mm f/4.0 SS 1/30 ISO800
105mm f/4.0 SS 1/30 ISO1000

その他の作例

こちらの「SEL24105G」タグからSEL24105Gで撮影した写真が見れます。

関連記事

よく読まれている記事